ブロックコートとは

HOME > ブロックコートとは
ブロックコートプリント
製品案内
インクジェットシート
アルミ基材シート
ターポリンシート
その他の素材
導入実績

ブロックコートとは

ブロックコートは、インクジェットシート・アルミ基材シート(防災ピクトシート粗面標識)・ターポリンシート(防災ピクトシート支柱標識)・FFシート等のメディアの表面を保護する弊社独自のコーティング技術の名称です。※ラミネートではございません。
ブロックコートを加工したメディアは、「落書き防止機能」「貼り紙防止機能」「難燃性」「表面硬度2H〜3H」等のイタズラ防止機能と「屋外耐候性5年or10年」を兼ね備えた多機能シートになり、主に観光の案内板・公園の注意板・駅周辺の案内板・文化財の説明板・避難場所の看板等の表示面に使用されております。
また、ブロックコートは、目的と予算に応じて四種類のコーティングを用意しております。

■選べるコーティング加工

目的と予算に応じてお選び頂ける四種類のコーティングをご用意しております。

ベースコート(中期耐候性ベースコーティング加工)
屋外耐候性5年/表面硬度2H

ベースコートは、基本となるコーティングです。
人通りが少なく、人の手の届かない場所に看板を設置する際に採用される場合が多いです。

ベースコート10(長期耐候性ベースコーティング加工)
屋外耐候性10年/表面硬度2H

基本のベースコートを上回る「屋外耐候性10年」という機能を備えております。
表示面の内容が変わらず、長期に渡って看板を設置する必要性がある看板を設置される際に採用される場合が多いです。

楽落コート(中期耐候性イタズラ防止コーティング加工)
屋外耐候性5年/表面硬度2H/落書き防止機能/貼り紙防止機能/難燃性

楽落コートは、ベースコートの機能に加えて「落書き防止」「貼り紙防止」「難燃性」等のイタズラ防止機能を兼ね備えております。
観光や、駅周辺の案内板等、設置後、表示面の内容の変更が予定されていたり、人通りが多く、人の手の届く場所に看板を設置される際に採用される場合が多いです。

ブロックコートIS(長期耐候性イタズラ防止コーティング加工)
屋外耐候性10年/表面硬度3H/落書き防止機能/貼り紙防止機能/難燃性

ブロックコートISは、「落書き防止」「貼り紙防止」「難燃性」等のイタズラ防止機能に加えて楽落コートを上回る「表面硬度3H」と「屋外耐候性10年」という機能を備えており、多方面から高い評価を頂いている弊社の代表的なコーティングです。
文化財の説明板等、表示面の内容が変わらず、長期に渡って看板を設置する必要性があり、人通りが多く、人の手の届く場所に看板を設置される際に採用される場合が多いです。

■イタズラ防止機能
油性マジックをはじく防汚性
タバコの揉み消しにも耐える難燃性

引っ掻いても傷がつきくい表面硬度
貼り紙の跡が残らない耐粘着性

このコーティングは、インクジェットシートの他にもターポリンシートや、FF シート等のメディアにも加工が可能です。
コーティング加工を施されたメディアは、上記のような機能を備えた「多機能シート」となり、様々な場面でのご利用が可能です。